準備編

JANコードを登録しよう

Amazonでの新規出品にはJANコードが必要です。

よくみかける『バーコード』です。

相乗り出品では必要ありませんが、
いざ新規出品をしよう!としたときにJANコードがあると
スムーズに手続きができますので、
Amazonのアカウントを取得したら
JANコードを登録しましょう。

JANコードとは

JANコードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、世界共通の商品識別番号です。

JANコードは、商品のブランドを持つ事業者が、
流通システム開発センターから貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。

JANコードは日本国内の呼び方で国際的にはEANコード
あるいはGTIN-13、GTIN-8と呼ばれます。
(アマゾンはJANコードと書いたりEANと書かれている部分もあります。)

GS1事業者コード?

日本では『45』または『49』で始まる9桁(もしくは7桁)の番号で、
このGS1事業者コードに商品アイテムコードを合わせることでJANコードとなります。

このような感じです。

私たちはこのGS1事業者コードを取得することで
それぞれの商品にJANコードをつけることができます。

GS1事業者コード新規登録手続き

こちらから登録ができます。

・インターネットから申請する場合

・登録申請書で申請する場合

記入内容について

★事業者名は法人でない場合、Amazonで登録する予定の店名や個人名
事業者(英文)は『定められている英文はありません』にチェック

★申請料算定区分は輸入転売は小売り事業になるので『区分Ⅱ

★年商は、まだ売り上げていない場合は0万円で大丈夫です。

以下の登録申請料がかかります。

ほとんどの方が年商10億円未満だと思いますので
Fランク 16,500円』と表示されるはずです。

★利用用途は『JANコード』にチェック

★主要取引先は『Amazon』で良いと思います。

確認ページに進んで、お支払方法を選んで完了です。
入金後、約1週間~2週間程度で9桁のGS1事業者コードが届きます。

JANコードを作成する

GS1事業者コードが届いたらJANコードは簡単に作成できます。
こちらから

例えば与えられたGS1コードが『451234567』だった場合

GS1コードに商品アイテムコード(001~999のうち今回は001)を入力して計算を押すと
チェックデジット表示欄に『6』と表示されました。

『4512345670016』この13桁が1つ目のJANコードです。

これをエクセルで管理していきましょう。

どのJANコードで、どのSKUで登録したかをわかるように管理します。
(ここはお好みで・・・)

Amazonに新規する出品する際はこの13桁の番号だけわかれば良いです。
(バーコードの上についている、ストライプは必要ありません。)

さいごに

Amazonに出品すると決めたら早めに登録手続きを行いましょう。

16500円って高く見えるかもしれませんが
1ヶ月だと約458円です。これで1000個まで作成できるので
高くはないと思います♪

-準備編

Copyright© 理想のライフスタイルを手に入れた、物販女子のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.